Event Schedule

4月
29
野澤享司withながはら元×MOTEL×ノブディラン
4月 29 all-day

Open/18:30 Start/19:30
予約2500 当日3000(D別、えびせん食べ放題)

野澤享司
1950年生。1972年に、中津川フォークジャンボリーを経て、ソロアルバム「白昼夢」(斉藤哲夫・渡辺勝・カシブチ哲郎など参加)でURCレコードデビュー。
1977年、小室等のサポートギターを務めた縁でフォーライフレコードよりソロアルバム「kyoji Travelin’」(トムウェイツのバックアップメンバー等参加)リリース。その他、1978年までに「君が気がかり」「南へ遠く」「セイルオン」 等を発表。その後、一時ライブ活動を中断するも90年代に入り、旧友 斉藤哲夫、中川イサトのライヴ参加を機に活動再開。
1999年、アルバム「Fender Bender~遥かな海へ」を発表。2008年コロムビアミュージックエンターテイメントより、驚異のマジカル・アコースティックギター・テクニック! 「アシッドフォーク伝説の達人」こと野澤亨司のセルフカヴァー集「Self Covers Naked ’70」を発売。
現在はソロ活動を中心に シバ・斉藤哲夫・あがた森魚・及川港恒平等とのジョイントを織り交ぜながら精力的に活動している。

ながはら元
1972年1月生まれ。20歳の時、単身アフリカケニアへ渡りパーカッショングループに加入。数々の公演を行う。
帰国後、どんと(ex. Bo-Gambos)と出会い、札幌でのLiveをきっかけに交流を持つ。どんと主催の満月コンサートに参加(沖縄)。1年後同バンドメンバーだったギタリスト「平安隆/かりゆしの月」に参加・リリース。さらに1ヶ月後、ソウルフラワーユニオンにサポートメンバーとして加入。1999年にはアイルランドの大御所ドーナル・ラニーと共演。
2000年8月、フジロックフェスティバルに参加。その後、拠点を東京に移し幾多のセッション、.レコーディングワークに励む.。 セッション共演:鮎川誠、シーナ、カルメン・マキ、 森園勝敏、リアム・オ・メンリー、ハシケン 朴保、渋谷毅、本田竹広、湯川トーベンetc

MOTELモーテル(須藤もん&対馬照)
シンガーソングライターの須藤もんと対馬照が結成した平成版めおとフォークデュオ。
2人のオリジナル曲を中心に、昭和歌謡のカバーなどを2本のアコースティックギターで唄う。
老若男女に楽しんでもらえるような音を探し日々試行錯誤が続いている。
2010年 MOTELとしてのファーストアルバム「檸月(レモンムーン)」を発表。
2014年 セカンドアルバム「歓嘆歌(カンタータ)」を発表。
また、2014年には、映画「海を感じる時」のエンディング曲を手掛ける。
地味に全国展開中。

ノブディラン
所沢のアイドル、ムッシュ早川を中心に結成されたフォークロックバンド

4月
30
かっぺちゃんオールスターズ
4月 30 all-day

Open/16:00 Start/17:00
予約2500円 当日3000円(D別、えびせん食べ放題)

5月
3
スーマー×木製の椅子
5月 3 all-day

0315C-suemarr-mokusei-A4_tate omote
Open/18:30 Start/19:30
予約3000 当日3500(D別、えびせん食べ放題)

スーマー(Vo、バンジョー)
桜井芳樹(Gt)
千ヶ崎学(Ba)
椎野恭一(Dr)
中村まり(ゲストVo)

木製の椅子
シマダユリカ(Vo)
松澤雅城(Gt、Vo)
竹廣類(Acc)
前田治(Ba)
Naga(Dr)

オープニングアクト
KKJB(航空公園ジャグバンド)

5月
4
菊地のりよし&ヒューマンタッチ 「hitoribotti」レコ発ライブ
5月 4 all-day

Open/19:00 Start/20:00
1500円(D別)

オープニングアクト
工藤昭太郎 他

5月
7
とみさん&ふじちゃん アコースティックLIVE 2017
5月 7 all-day

Open/15:00 Start/16:00
2000円(ドリンク別、えびせん食べ放題)

image1
富岡絋一(とみさん)
1978年、北海道生まれ。シンガーソングライター。
学生時代は野球一筋。甲子園に出場する。
変幻自在な歌声を武器に、Waterカラーなどバンド活動の傍ら動画配信、TV出演など多岐に渡り活躍しており、YouTubeでは再生回数を600万回と伸ばし、その数は増え続けている。
現在ニューアルバムを製作中。

fvxvvs
藤田洋二
1982年、所沢市出身。ギタリスト。
長渕剛に影響を受け、14歳の時にアコースティックギターを始める。弦を指で弾くフィンガーピッキングを得意とする。その後、押尾コータローのギター奏法に衝撃を受け、ソロギターに傾倒する。YouTubeでは様々な人を魅了し、ギター講師としても活躍の場を広げている。

5月
13
さばいばるいとう×yakitori×津田圓蔵
5月 13 all-day

Open/18:00 Start/19:00
2000円(D別、えびせん食べ放題)

オープニングアクト
でっち君

5月
14
IRIE-A-TALKBOX & Yu-Mah ✖️ TARIKIECHO
5月 14 all-day

Open/18:30 Start/19:30
予約2,500円 当日3,000円(D別)

17199950_1324399407616878_1389779149_o
IRIE-A-TALKBOX & Yu-Mah
IRIE-A-TALKBOX(TALKBOX)
Yu-Mah(TALKBOX)
平松慎吾(Gt)
龍山一平(Key)
村上和正(Ba)
武村国蔵(Dr)
笠村勇樹(Sax)
荒谷 響(Tp)
18歳より九州でSTREET DANCEを始め、数々のコンテストで優勝。圧倒的なスキルに裏打ちされたDANCE、特にPOPPINは全国的にも注目を浴びる。
1997年LAで行われたLA DANCE COMPETITIONで優勝。その後活躍の場を東京へ移し、国内のダンサーに限らず海外の有名DANCER達とも共演を果たす。
2007年よりTALKBOX PLAYERとしてのキャリアを積み、音楽活動を開始。 2012年にはMichael Jackson等のスターを輩出した NY、APOLLO THEATERで開催される「AMATEUR NIGHT」のオーディションを突破し初出場で優勝する。
現在は都内を中心にダンスショウ、コンテストジャッジ、舞台、TALKBOX LIVE等で活躍中。海外でもTV出演、ワークショップ等行っている。

17792285_1219436948173626_451269808_n
Yu-mah/TORUS FULL AHEAD
14歳でストリートダンスに出会い18歳で修行のため仙台から大阪へ。2007年には日本予選を経てイギリスで行われた世界大会UK B-BOY CHAMPION SHIP Lockin’ 2on2で優勝。その後、数々の大会や審査員、ショー、舞台などの活動を経て現在は東京で新たな場所で活動中。

17792514_1291224494260430_1041917453_n
Tariki Echo
島根県にある龍教寺住職の釈一平(本名:龍山一平)と 埼玉県に有る善巧寺住職の釈明覚(本名:榎本明)の浄土真宗住職2人によるユニット
2012年にリリースした1stアルバム「ブッダサウンド」は各地に宗派宗教の枠を越えた波紋を呼び、まさかのスマッシュヒット!
その年の5月山梨の野外フェスナチュラルハイにも出演し評価をあげる。秋にはFM802主催MINAMI WHEELにも出演話題を振りまく。
またTVにも数々出演、朝のワイドショー等でも取り上げられ更には「なんでも鑑定団」に出演している。自坊で行うTera☆DIscoも徐々に盛り上がりをみせ、更に修行と称してインドへ向かおうと「Tariki Echo天竺へ行く」と企画をぶち上げエアインディアを巻き込み活動はとうとう国境を越え始める。2015年はダウンロードのみだった2ndアルバム「Toque de sur I (トクドシュライ)」をお経解説本も付けて2015夏にはリリース。さらに新たな局面としてチームにきちとコラボした芸者レゲエ。そしてそれらに先駆けて野外フェスナチュラルハイにも登場いたします。
2017年4月には仏陀の誕生日を祝う花祭りをTariki Echoの解釈を加えたイベント「ハナパーティvol.1」を企画、さらには野外フェスGo outへの出演が決まるなど爆進中です。
はてさて、坊主達の向かう先はどこなのか?ともあれまずは興味深くみていただきたい。
そしてただただ、彼らが願うのは…
「心の平穏を、そして世界の平和を!」

釈一平(本名:龍山一平)
住職という仕事の他に、かせきさいだー、いとうせいこう&Dubflowerなどでキーボード奏者として活躍する傍ら、大ヒットした「 ジブリレゲエ」の全アレンジや、SONYからデビューしているアイドルユニット「Tomato N’ Pine」の作曲を手掛けるなど、多岐に わたり音楽活動に携わっている。

釈明覚(本名:榎本明)
二階堂和美、KAN、DE DE MOUSE、いとうせいこう等が出演した築地本願寺でおこなれたライブイベントのDJなどをこなす傍ら、釈一平と共にTariki Echoを結成。 本山の勤式指導所というところを卒業したお経のエキスパート!

17274971_1843784402547254_1699196510_n
Dj Precious Law
フリーランスDj 現在86.9Mhz Ochiai FM No Stop Music Radioのパーソナリティとして活動中

5月
20
二代目松村團四郎&シマヌカジ 「フォーク魂&沖縄の心」
5月 20 all-day

0001
Open/18:30 Start/19:00
2500円(D別、えびせん食べ放題)

出演
二代目松村團四郎
仕事をしながら、家庭を守りながら、コツコツと自分の夢を追い続けることはその道のプロとなって活躍することと同じ位の価値がある。

シマヌカジ
「島の風」のような音楽をやりたくて始めたシマヌカジ。風に形は無いけれど、吹けば幸せや思い出を運んでくる。

スペシャルレジェンド
あの伝説のロックバンド「はっぴいえんど」と並んで日本語ロックの 創始者の一人であるこのお方がゲストとして来てくださいます。
このお方がどなたかをお知りになりたければ是非その耳と目で確かめにいらしてください。

5月
24
ユミ・ハラ&佐藤行衛with須藤俊明×PCPC×ノイズの友
5月 24 all-day

Open/19:00 Start/20:00
予約2500円 当日3000円(ドリンク別、えびせん食べ放題)

佐藤行衛
韓国在住の日本人ミュージシャン。1999年、日本人による韓国ロック専門バンド“コプチャンチョンゴル”を率いて日本人グループとして初の韓国デビュー。アルバム『アンニョンハシムニカ』発売。平行して即興音楽家としても活動。韓国でも、姜泰煥(as)、金大煥(per)、崔善培(tp)と共演、交流をはかり、豊住芳三郎(ds)、フィル・ミントン(vo)の来韓ツアーをサポートしたり、若手の即興ピアニスト朴暢秀と共に日本ツアーを行ったりと、日韓にわたり海を越えて活動中。またフードライターとして「韓式B級グルメ大全 」も出版。

ユミ・ハラ
精神科医として勤務の後渡英、フランクチキンズのツアーメンバーおよびピアノサーカスなどに曲を提供する現代音楽作曲家として活動していたが、2008年に元ソフト・マシーンの ヒュー・ホッパーとアルバム「Dune」をリリース、以後即興演奏でも知られるようになる。現在は元ヘンリー・カウのクリス・カトラー、ジョン・グリーヴス、ジェフ・リーとの「アルトー・ビーツ」をはじめ、ティム・ホジキンソン、ジャン‐エルヴェ・ペロンなどカンタベリー系、ロック・イン・オポジション系、クラウトロック系のミュージシャンとの活動を活発に展開している。またイースト・ロンドン大学音楽学senior lecturerとして後進の指導にあたっている。

須藤俊明
石橋英子 (もう死んだ人たち,トリオ) -石橋英子(vo,fl)、山本達久(ds)、波多野敦子(vln,cho)、Jim O’rourke(gtr)、坂口光央(key)、須藤俊明(bass)…etc
ジム・オルーク(バンド名いろいろ)-Jim O’rourke(gtr,vo)、石橋英子(pf)、山本達久(ds)、波多野敦子(vln)、須藤俊明(bass)…etc
uminecosounds – 古里おさむ(vo,g)、ヤマジカズヒデ(g,vo)、佐藤”コテイスイ”康一(ds)、須藤俊明(bass)
GOMES THE HITMAN – 山田稔明(vo,g)、堀越和子(keyboards)、高橋結子(ds,prec)、須藤俊明(bass)
Zombie Don’t Run – ヤマジカズヒデ(g)、高橋浩司(drums)、須藤俊明(bass,Keyboard)
ヤマジカズヒデ(ソロ・バンド=もう寝た人たち)、ヤマジカズヒデ(vo,g)、石橋英子(key,fl)、山本達久(ds)、須藤俊明(bass)
柴田聡子とポニーテールズ- 柴田聡子、山本精一(g)、一樂誉志幸(ds)、西滝太(key)、須藤俊明(bass)

5月
27
目ニ青葉 山ホトトギス マタ演ルヨ
5月 27 all-day

17903331_1268991006548565_2175047641809180526_n
Open/18:00 Start/19:00
1500円(フードバイキング込、ドリンク別)

出演
Locate、(有)並木商会